履歴書の書き方 簡単な方法

せっかく履歴書を書いて送ったのに面接まで行かずに撃沈・・という苦い経験をお持ちの方、結構多いと思います。

 

そこでバイト履歴書の書き方、コツを探ってみました。是非参考にして下さい。

 

コンビニやファミレスなどのバイトでは、履歴書はさほど影響しないと言われています。

 

学歴にも左右されないバイトですからフリーターの人も多いです。事務職のバイトや家庭教師のバイトなどは、履歴書が採用に左右されます。特に学歴の部分は丁寧に、年号は和暦で統一(平成○年○月等)します。中学卒業から書き、卒業年度の両方をしっかり書きます。

 

 

「高校」は「高等学校」と書き、大学は学部・学科まで正確に書きましょう。職歴もあったら書きます。
アルバイトでも立派な職歴となりますので記載しておきます。もし沢山ありすぎて書ききれない場合は、希望職種と関係のある職種だけ抜粋して書くと良いです。職歴がない人は「職歴無し」と記載します。

 

 

取得している免許や資格があれば積極的に書くと良いです。ここで注意なのが、希望するバイトと関連ない資格でも書いておく事です。

 

例えば普通自動車一種免許取得も立派な免許ですので書いておきます。取得した年の順に記載していきます。勿論簿記やパソコン検定なども、あれば記載します。
志望動機はバイト採用に関わる重要な部分ですから、良く考えて下さい。

 

 

とは言えコンビニバイトなどの場合、正直特別な動機がなかったりします。(自分でもやれそうだから)(楽そうだから)などが本音でも、そのまま書くのはいけません。「接客面での経験を積みたいと思い応募しました」「家から近いので無理なく通えると思いました」「地域に貢献したく、家の近くのコンビニを選びました」など、どうしてもここで働きたい!という気持ちを文字に表しましょう。

 

 

無理そうならネットで検索するのも手です。最近は<コンビニバイトの志望動機>などで検索すれば沢山ヒットしますので、色んな文章を抜粋して完成させちゃいましょう。

 

 

ネットの文字をそのまま拝借すると不自然ですので、ちょっと自分らしくアレンジすると良いです。家庭教師のバイトなら、子供の教育に対する意欲を文章にすれば良いです。工場でのライン作業なら、自分には根気がある事をアピールしたり、バイトの時間帯に魅力を感じる事を伝えると良いです。

 

 

いずれも担当者が知りたいのは、沢山のバイトの中から何故このバイトを選んだのか、バイトとはいえ会社にどう貢献してくれるのか、です。前向きに具体的に、なるべく沢山書きましょう。

 

趣味・特技ですが、アルバイトとは無関係だと放っておかず、せっかくなので自分をアピールしておく事です。
別にアルバイトと関連づける必要はありません、どんな趣味でも特技でも、自分の魅力を知ってもらいましょう。

 

 

思いつかない時は「読書」「映画鑑賞」でも良いですし、何にも特技がない・・と落ち込まずに、女性なら「料理」「掃除」など、男性なら「スポーツ(種類も)」などでもOKです。あまりにマニアックな趣味や特技、極端なおふざけ、マイナスイメージになるギャンブルなどは記載しないで下さい。

 

 

他に履歴書の書き方のポイントとして、黒のボールペンかペンで丁寧に書く事が大切です。字が綺麗な人もいれば苦手な人もいます、しかし雑に書くのはいけません。志望動機や趣味・特技の欄があまりにも少なくて空白が目立つものマイナスです、空欄はなるべく埋める様努力しましょう。誤字や脱字を修正液で直すのはNG、新しい履歴書に書き直すのが鉄則です。最近では履歴書マニュアルなどのサイトが多くあり、参考にするのは良い事です。しかし丸写しは避け、なるべく自分オリジナルの文章を作って下さい。

 

バイト探しはコチラ