朝バイトの定番「牛乳配達」の仕事とは・・

早朝バイトの大定番と言ったら新聞配達ですが、牛乳配達のバイトも早朝バイトとして人気があります。

 

そして学生のアルバイトの代表格とも言えます。バイト内容ですが、多くの人が「配膳」を予想するでしょう。

 

しかしもう1つ、「営業」という内容もあります。稀に家に「牛乳をとってみませんか?」「牛乳やヨーグルトの試供品を置いていきますね」など、営業さんが来た事はありませんか?

 

 

以前うちにも来て、その際は断ってしまいましたが・・。飛び込み営業のバイトなので、営業が苦手だという人は勿論不向きです。

 

 

しかし最近は牛乳をとっている家を見かけなくなりましたし、高額な物を売り込む訳ではありません。

 

 

これはこれで営業のチャンスなのかもしれないです。契約を獲得できれば報酬アップも見込めますので、まずは身近な牛乳から営業スキルを学ぶのは良いと思います。次に「配膳」の仕事内容です。

 

 

配膳とは牛乳を届ける仕事で、早朝に起きて宅配センターから牛乳を受け取り、契約してある家の一軒一軒に牛乳を届けます。

 

新聞配達との大きな違いの1つに、給料形態の違いがあります。

 

新聞配達の給料形態は2種類あり、【@時給制】【A部数制】となります。部数制とは新聞を配った部数がそのまま給料に反映されるもので、慣れてくると得する事もありますが、最初はかなり厳しい給料からのスタートとなります。

 

最近では時給制を採用している販売店が増えつつあるのが現状です。

 

 

牛乳配達の給料形態ですが、出来高払いが主です。

 

新聞配達でいう【部数制】と似た形で、時給ではなく1日に何本の牛乳を届ける事が出来るかで給料が変動します。

 

 

新聞配達の様にほとんどの世帯がとっている訳ではなく、むしろ牛乳をとっている家庭は少ないです。密集していない為配達するのは結構大変ですし、どの程度の給料をGet出来るか未知数と言えます。

 

 

新聞配達は密集しているので自転車やバイクでの配達が可能ですが、牛乳は範囲が広い為に軽トラックを使用するケースが多いです。

 

 

軽トラは店から貸し出してもらうものの、普通車免許は勿論、運転技術も多少必要となります。更に宅配するお宅を覚えていかなければいけませんし、この家はカルシウム入り牛乳、この家は鉄分入り、この家はヨーグルトも、この家のヨーグルトはコラーゲン入り・・等、配る家と種類、本数は大体暗記が基本です。

 

 

夏は牛乳が傷むのを防ぐ為、保冷剤を使用します。逆に冬は瓶が冷たくて大変です。新聞配達にも言える事ですが、どちらにしても早朝の日が出てないうちから起きて行動しなければいけません。冬は特に寒くて辛い事です。

 

 

 

夜更かし大好きな人なら深夜のコンビニバイトの方が向いていますが、体のリズムを自然なものにしたいのなら、牛乳配達バイトはお勧めです。身体のリズムを朝方にして、毎日の生活を元気にしていくのはとても良い事です。

 

 

世間への聞こえも、深夜のコンビニよりよっぽど健全なバイトです。お年寄りから好かれると結構良い事がありますよ。新聞配達バイトで忙しくて休みがとれず、牛乳配達バイトにシフトしたというケースもあります。新聞はほぼ毎日配るのが当たり前で、絶対に配らなくて良い日は休刊日位です。

 

 

対して牛乳配達は、週に3日だけの配達という希望も通りやすいです。自分に合っている方を良く吟味し、是非チャレンジしてみて下さい。

 

 

朝から働けるバイトを探す