早寝早起きはこんないい事があります

古来より、早寝早起きはよいされています。

 

ことわざにも「早起きは三文の徳」というものがありますし、早起きをするためには早く寝ることが大事ということになりますし、早寝早起きは昔から推奨されていることなんです。

 

では、早寝早起きが良い理由はどのようなものがあるのでしょうか?

肌の調子が良くなる

日中に紫外線などでダメージを受けた肌はそのままではありません。成長ホルモンが肌の再生を促すのですが、そのホルモンが分泌荒れる時間帯は22時〜2時にピークだといわれています。そのため、この時間帯にしっかりと入眠していることで成長ホルモンの分泌が大きく促されることにより、日中にうけた肌のダメージが回復して肌の調子が良くなります。

 

生活リズムが安定する

早寝早起きを続けることで、自然に生活のリズムが安定していきます。人は早朝に日光を浴びることで脳の松果体が刺激され、メラトニンが分泌するように働きかけます。日光を浴びてすぐにメラトニンが分泌されるわけではなく、日光を浴びてから14〜15時間後と大きく遅れて分泌されるのです。このメラトニンは眠気を誘うホルモンですので、これが分泌される時間帯に床につくことで入眠がうまくいくようになり、自然に眠ることができるようになるんです。そのため、朝の7時頃に日光を浴びていれば、22時頃に自然に眠気がくるようになります。早起きして朝の日差しを浴びることで、夜寝るときに自然に寝ることができるようになり、結果として早寝早起きのリズムが作られ、生活リズムが安定していくことになるんです。

 

朝食を食べる時間ができる

朝早く起きることで朝食を食べる時間を作ることができます。朝食は1日の中で一番重要な食事と言われています。朝しっかりと食べておくことで1日の調子が変わってくるのです。パンやご飯はもちろん、野菜、牛乳などバランスよく朝食をとることができれば1日の動くエネルギーを確保することが出来るんです。特に炭水化物などからとれる糖は脳にとって大事な栄養源ですので、脳が活性する事になり仕事や授業の効率がアップするでしょう。また、食事をゆっくりとるということは、それだけ多く噛むことができます。たくさん咀嚼することで唾液の分泌が促され、食物の消化や吸収を助けるだけでなく、咀嚼動作が脳の活性化にもつながりますのです。朝食を撮らないと仕事や学校の成績に大きく影響すると言うことは科学的にも証明されていますので、朝食を撮ると言うことがとても重要なんです。そのため、早寝をするということは、朝食をゆっくりととることができる時間を確保することができることに繋がります。

 

時間の余裕ができ、心にも余裕ができる

朝出かけるギリギリまで寝てしまっていると、起きてから出かけるまでの余裕が無くバタバタとしてストレスがたまっていってしまいます。こうした心の余裕が無い状態で朝の準備をすると、忘れ物をしたり、運転中に事故を起こしてしまったりするなど悪いことが起きやすくなってしまいます。ストレスを溜めて仕事や授業を行う事で集中できなくてミスをしたり、テストで悪い点を取ってしまうかもしれません。時間に余裕を持って行動することができればそういったことも少なくなるでしょう。早起きをしておくことで、朝の準備する時間に余裕が出来、結果として心にも余裕が出来てストレスを抱えることなく出かける事ができます。

 

 

 

以上の様に早寝早起きをすることはメリットがたくさんあります。人によってなかなか早寝早起きをすることが出来ない環境にあるかもしれませんが、休日だけでもいいので早寝早起きをしてみませんか?

 

 

体調が整って学校や会社での効率があがり、ストレスが少なくなって心に余裕ができるかもしれませんよ。

 

 

朝から働けるバイトを探す