バイトと正社員の大きな違いは!?

日本には様々な職種や仕事があり、それらの仕事に従事するとき大きく分けて2つの働き方があります。

 

正社員とアルバイトなどの非正社員です。この正社員とアルバイトの違いをしっかりと知っている人は案外少ないです。

 

働くことになった以上、自分がどのような雇用形態なのかを知っておくことはとても重要ですし、会社によっては正社員とバイトの線引きがあいまいで区別がしっかりとできていないようなところもあるみたいですし、正社員として働くつもりが、いざ働いてみると正社員ではなくて非正社員だったなんてことも実際にあるみたいです。

 

 

仕事を始める前に、契約内容や企業の就業規則などをしっかりと確認しておくことが大切です。

 

では、正社員とアルバイトとはどのように違うのでしょうか?

 

正社員とは、明確に法律で定義されているわけではないのですが、正式には正規社員という名称であり、働く期間が定められていない雇用契約で働いている人のことを指します。

 

アルバイトなどの非正社員も正社員と同様に法律で明確に定義されているわけではないですが、期間が定められた雇用契約となっており、例外もありますが基本的に正社員に比べて勤務時間が短いことが多いです。

 

正社員とアルバイトともにメリットデメリットが存在します。

 

正社員のメリット

正社員最大のメリットは、やはり安定した収入が入ることです。正社員は会社と決められた期間なく働くことが可能であり、安定して仕事が可能であり収入を得ることができるため、社会的な信頼や地位を獲得することができます。正社員であれば住宅ローンなどの金融機関からの融資も受けやすくなりますし、待遇の良さはアルバイトとは大きな差があります。給料も会社の規則に則り定められた金額を手にすることが可能で、安定した生活を送ることができるでしょう。また、社会保険にも加入することが可能ですし、雇用保険にもしっかりと入る事ができ、何かあったときの安心感が違います。万が一会社が倒産したり、退職となってしまっても失業保険によって当面の生活が可能ですし、次の仕事が見つかるまでの生活費も手に入れることが可能です。正社員は様々な雇用形態の中で一番安定した収入、生活、社会的信頼を得ることができるといっても過言ではありません。

 

正社員のデメリット

正社員のデメリットは、やはりアルバイトとは異なり、仕事に対する責任が常に発生していると言うことです。仕事中に何かあったときにアルバイトが責任をとるなんて事はまずありませんよね、基本的には正社員が責任を真っ先にとることになりますし、安定した仕事である以上、それなりの責任がともなうのは当然のことです。仕事に対しての責任があるということは、会社を簡単に辞めるなんて事もできません。責任がある以上大切な仕事もアルバイトよりも正社員が行うことが当たり前ですので、その仕事をほっぽり出して辞めるなんて事はまずできないでしょう。それだけの責任がともなうのが正社員です。厳密には辞める事は可能でしょうが、なんども仕事を辞めているということを繰り返すと、次の就職先を探すことが困難になるかもしれません。正社員として働いていたのに短期間で辞めて何度も繰り返している人を企業や会社が好んで雇用する可能性は低くなりますよね?それだけ正社員として働くと責任がともないますので、それをしっかりと念頭に置いて正社員になりましょうね。

 

アルバイトのメリット

アルバイトのメリットは、やはり責任が正社員と比べると低いと言うことです。何かあったときも責任をとるのはトラブルの内容にもより増すが、基本的には正社員が責任をとることになるでしょう。嫌なことがあったら気軽に辞める事ができますよね。正社員であればそれなりの責任がともないますが、アルバイトはその点楽です。ブラックバイトなどが問題となってはいますが、法律上バイトを辞める事に制限をするとそのバイト先は罰せられますし、正社員に比べれば自由な雇用形態と言えるでしょう。正社員となると1度その仕事に就くと簡単に辞めるなんて事は難しいですが、アルバイトはそうではないので、様々な仕事を経験することができるのも魅力ですよね。事実、アルバイトをしてその会社が気に入ったり、会社の方から依頼されて正社員となったなんて人もいるくらいですし、アルバイトがそのまま正社員として働くことの出来る道となるなんて事もあるんですよ。

 

アルバイトのデメリット

アルバイトのデメリットはやはり正社員に比べると安定した収入とはならないことと、社会的な信頼や地位が正社員に比べると得にくいということでしょう。アルバイトはたくさん仕事をすればそれだけお金を稼ぐことは出来る物の、ボーナスがあるわけでもありませんし正社員に比べて収入が低くなりやすいです。また、アルバイトの社会的信頼感は正社員よりも低いため、金融機関での融資もアルバイトで受ける事は難しくなります。特に住宅ローンなどの大きな金額を借りる際、バイトでどれだけ大きく稼いでいても、正社員でないだけで審査が通らないなんてこともあるくらいなんです。

 

以上の様に、正社員とアルバイトは大きく異なる雇用形態と言うことが分かったと思います。

 

 

実際に働いている人は自分の雇用形態の把握はとても重要ですし、これから働こうと思っている人は、それぞれのメリットとデメリットをふまえたうえで、自分にあった雇用形態で働くようにしましょう!

 

 

アルバイト探しはコチラ