人気のお洒落バイト筆頭「カフェ」

数あるアルバイト業種の中でも人気が常に上位なのが、カフェバイトです。

 

学生から主婦まで幅広い年齢層の人が働いており、バイト募集も高い頻度で行っています。

 

スタバやドトール、タリーズなどの大手カフェチェーンでバイトをするか、それとも個人経営のカフェでバイトをしたいのか。それぞれ一長一短はあるものの、どちらも人気が高いバイトである事は変わりありません。

 

 

しかし人気が高いから自分に合っているかと言うと、そうとも限りません。表側がオシャレで魅力的だからこそ、いざ裏側を見ると“こんな筈じゃなかった”という結果になり、早々に脱落する結果になり兼ねません。バイトなので、とりあえずチャレンジして嫌なら早々に辞めるという作戦もNGとは言えませんが、企業側には少なからず迷惑を掛けることになります。

 

 

そして自分自身も精神的負担が掛かります。ですから、まずカフェバイトの一長一短を理解しましょう。

 

 

ここからは良い所と辛い所を挙げていきたいと思います。今後カフェバイトにチャレンジするのなら、是非参考にして下さい。

 

【良いところ】

オシャレな空間で働く事が出来る

カフェをオシャレな場所ととるか、それとも落ち着かない場所ととるか、人間は皆感性が違いますからなんとも言えません。カフェが苦手な人も大勢いますので、カフェが苦手ならカフェでバイトする事もないとここでは考えます。カフェバイトを希望した人の面接では、多くが「カフェが好き」「こちらのカフェの雰囲気が好きなので、ここで働きたい」という意見を述べます。カフェは喫茶店とは違う、独特のオシャレ感が漂います。スタバの雰囲気なんて、オシャレでずっと居座りたくなります。・・・私個人の意見となってしまいましたが、せっかくならオシャレな雰囲気で、コーヒーの匂いが漂う場所で、バイトがしたい。カフェでのバイトの最大の魅力だと思います。実際、スタバなどではスタバが大好きな人を優先的に採用しているそうですよ。

 

コーヒーやドリンクについて詳しくなれる

大手チェーン店でも、日替わりコーヒーや本日のコーヒーなど、その日に特化したコーヒーを販売しているケースがあります。そして、ほとんどの店舗で袋入りのコーヒー豆やアイスコーヒーのパックの販売をしており、その種類は大変豊富です。自然と豆についての知識が身に付いていきます。長くバイトをすれば、エスプレッソマシンの扱いを任されるかもしれません。カフェバイトは、長く続ければ続ける程興味深く、知識が身に付いていくバイトなのです。

 

この先のバイトや仕事に役立つ

カフェバイトは、基本お客さんと接する仕事です。製造だけ・洗い物だけというバイト内容もありますので一丸には言い切れませんが、カフェバイトをした経験のある人は、大体が接客経験者でしょう。接客業ではサービスの基本を学びますし、会話などのコミュニケーション能力も培われていきます。お客さんやバイト仲間・先輩方への気遣い、自分から積極的に行動する力、効率良く動くにはどうしたら良いのか、素直に謝る事の大切さ、お金の計算力など、驚く程の知識を身に着ける必要があるのです。こんなに身に着ける自信がない・・・と恐縮てしまいそうですね、でも大丈夫。これらは自然に学んでいくものです。勿論早々にギブアップしたら何も学べませんが。コツコツと少しずつ学び、気付いた時には将来の武器になっている。これって素晴らしい事です。

 

出会いの場かも

バイトで出会いを求めるなんて、ちょっとなめていませんか?いえいえ、確かにあからさまに出会いを求めて食らいつくのはいけません。でも“あわよくば”的な期待を持ってバイトするなら、全然アリだと思います。ある調査でも、出会いが豊富なバイトは断トツで飲食系バイトという結果が出ています。カフェで働く男女比率は、大体男性3に対し女性7位だそうです。う〜ん、これは争奪戦になりそうな予感。でもゼロよりは可能性がありますし、カフェで働く男性は草食系な傾向がありますから、少々積極的にアタックするくらいが丁度良いかもしれません。男女の出会いだけに限らず、女性同士の仲間も増える可能性があります。

 

【辛いところ】

ピークの時間は超多忙

カフェの裏側って、案外てんてこ舞いだったりします。特に駅前やオフィス街などお客さんが多い場所のカフェでは、“あの”マックとさほど変わらい位忙しいです。それでもカフェのゆったりした雰囲気を壊さない様に、ちゃかちゃか接客する事は許されません。あくまでも平常心で、頭や手元だけフル回転させる技量が必要となります。お昼休憩が全く取れない日があったり、立ちっぱなしで足腰に負担が掛かる事もしばしばある様です。

 

メニューなど覚える事が多い

コーヒー類に詳しくなれるのは嬉しいけれど、予想以上に覚える事が多くて頭がパンクしそうになります。「慣れるまでが大変」はどのバイトでも同じなので、最初がふんばりどころです。個人経営のカフェとチェーン店カフェの違いはとても大きく、最初どちらかでバイトしていたから今度は違カフェで・・と気軽にチャレンジすると、とんだ誤算で仕事にならないケースもあります。

 

接客の大変さを痛感する

接客バイトでは避けて通れない、困ったお客さんのへの対応に苦しむ事も多いです。ナンパや電話番号をしつこく聞かれる、他には毎日通ってはクレームをつけるお客さんの存在などです。カフェという独得の雰囲気を静かに楽しみたい人もいれば、小さな子供を連れてでもコーヒーを飲みたいお母さんもいます。子供が泣いても放置でコーヒー&お喋りが続けば、周囲は迷惑です。そのクレームをいかに上手に取り上げ、ママさん達に伝えるか。一見落着できるかどうか難しい問題です。こんな時に限って店長不在で、自分が対応しなければいけなかったりします。バイトなのにクレーム対応なんて無理!とそっぽを向いていても、お客さんには関係ありません。接客の大変さを痛感することでしょう。でも乗り切れたら自信に繋がりますから、いい経験として自分の財産になります。

 

 

朝から働けるバイトを探す