バイトの辞め方も社会人としてのマナーを大切に!

せっかく見つけたバイトでも、色んな理由で辞める場合があります。

 

期限付きのバイトで期限満了まで働いた後そのまま辞めるなら何ら問題ないですが、決してスムーズに最後まで働けるとは限りません。

 

バイト内容が自分に合わないと気づき、途中で辞める事もあるでしょう。

 

又バイト仲間との人間関係が上手くいかず、辞める事になるかもしれません。

 

アルバイトという雇用形態は、辞めたいと思った時にこちらの意思を伝えればいつでも辞められるのが決まりです。

 

ですから辞める事自体悪い事ではないのです。しかしやはり大人のマナーがありますから、アルバイトを“上手に”辞める努力をしましょう。

 

もしバイト先が飲食店など今後お客としても行き来できる場所なら、辞めた後に「2度とあのお店には行けない」という出来事があると厄介です。

 

気持ち良く辞めて次のステップに移った方が、自分の気持ちもスッキリしますよね。

 

辞めるときの最低限のマナー

まず辞め方として、上司やリーダーに言うのが基本ですが、いきなり「明日辞めます」では話になりません。

 

あなたが辞める事を承諾した後に後釜を探す事になるかもしれませんし、何より一緒に働いていた人達に迷惑がかかるかもしれません。

 

ですから最低でも辞める1ヵ月前には伝える様にしましょう。

 

その後で引き継ぎがある場合はそれをこなし、自分が辞めてもある程度仕事の流れがスムーズになる様にしてから辞めるべきです。

 

辞める理由ですが、バイトの場合はあまり詳しく伝えなくても良いと思います。

 

「一身上の都合」として退職願いを提出しても良いですが、バイトの場合はそこまでしなくても大丈夫だと思います。

 

例えば「正社員として働く事が決まった」「他に条件の良いバイトが見つかった」等の理由を言うのが無難かもしれません。

 

バイト内容の不満や愚痴等は、あまり言わずに辞めた方が賢明です。

 

結局辞めてしまえばそれまでですからギスギスさせず、また自分に合ったバイトを探してみましょう。

 

最近多いのが、バイトを辞める事を電話やメールで伝える人達の存在です。

 

 

これはちょっといただけません。

 

 

もし急な事情なら仕方ないですが、それでも事情が落ち着いた後でバイト先へ出向き、上司や同僚に謝るべきです。

 

たかがバイトだからと安易に応募して安易に辞めるのだけは避けなければいけませんね。

 

やはり社会人として最低限のマナーは守るのが当たり前だと心得て下さい。

 

 

バイト探しはコチラ