税金はしっかり納めましょう

アルバイトを行っていく上で税金がかかってくる事がありますので気をつけなければいけません。

 

学生でないアルバイトの場合は、103万円を超えると所得税を払う必要が出てきます。

 

勤労学生控除を足した130万円を超えてくる場合に税金がかかってくるので税金の心配がある場合は気をつける必要が出てきます。

 

アルバイト先が一つであればその会社の経理を担当している人が税金の関係を処理してくれますから問題ありません。

 

しかしながら掛け持ちしていた場合などは、自分で計算する必要がありますので、学生で無い場合は103万円を請えた場合、そして学生の場合は勤労学生控除を足して130万円を超えた場合に確定申告をする必要が出てきますので、毎月計算しておくと良いでしょう。

 

誰もが、控除される金額がありまして、それが基礎控除の年間38万円になります。

 

他にも給与所得控除が年間65万円ありますから、年間で103万円までは控除される仕組みになっています。

 

住民税と一緒になっている人がいますが、こちらは前年の所得に対して課税されますので、計算式は都道府県や市区によって変わってきますから注意してください。
住民票を写してない場合は、元の都道府県や市区からの請求が来る事があります。

 

この計算もアルバイト先が行っていただけることがありますので、一年後に聞いてみるのも良いでしょう。

 

ただし掛け持ちしている場合は、自分で計算する必要が出てきますので、詳しくは市町村役場や税務署に聞く事をお勧めします。

 

バイト探しはコチラ