副業はやってはいけない会社が多いのが実際のところ

不況の影響によって最近はWワークを行っているという方が増えています。

 

Wワークとは本業の仕事の他に副業として他の仕事を行なうことをいいます。

 

例えば日中はOLとして仕事をしている女性が、夜になれば居酒屋の店員として従事しているというように、「2足のわらじ」として仕事を掛け持ちしている方のことをさします。

 

Wワークを行なう場合はいくつか注意点がありますのであらかじめ確認しておきましょう。

 

まず一番大切なことは本業の会社がWワークを認めていないという場合です。

 

 

 

例えば公務員の方は原則的に副業は認められていませんので、Wワークをしてはならないという認識を持たなくてはいけません。一般企業の中でもWワークを認めていない場合が多くありますが、現在の経済状況からも副業はやむを得ないとい柔軟な考え方を示す会社もあります。

 

 

「会社にバレなければ大丈夫」として上司などに相談もせずにこっそりと副業を行っているという方も見受けられますが、必ずどこかでバレてしまうことになりますので注意が必要です。

 

 

後でバレてしまい会社を去らなければならない事態だけは避けたいものです。できれば副業を始める前に信頼できる上司に相談をするようにしてください。普段の業務に影響が出ないように十分注意することをきちんと伝えるようにすることで熱意が伝わるはずです。

 

 

 

Wワークを行なう場合は確定申告が必要になることを忘れてはいけません。

 

 

副業の所得が20万円を超える場合については確定申告を行うことが必須となります。確定申告の方法としては白色申告と青色申告がありますが、控除額などのメリットを考えると青色申告の方が圧倒的に有利です。

 

 

ただし青色申告の場合は複式簿記による書類の作成が大変になることが予測されますので、金額がさほど大きくない場合は白色申告でも問題ないです。

 

 

確定申告の方法がよくわからないという方は最寄りの税務署にお問い合わせいただくようにしてください。

 

とても親切に教えてもらうことができますので、ご安心ください。

 

 

Wワークに人気の早朝バイトを探すならコチラ